機械系エンジニアの技術士ストレート合格勉強法

技術士第一次試験に満点合格、第二次試験(機械部門)にストレート合格した勉強法や過去問解説、キーワード集を大公開。

技術士(総監部門)択一式【経済性管理(平成30年度 問題1~8)】

こんにちは。

機械系エンジニアのメカエン@技術士(機械部門)です。
今回も皆様のお役に立つ情報を共有したいと思います^^

 

今回のテーマはこちらです。

技術士(総監部門)択一式
経済性管理(平成30年度 問題1~8)

総監部門の択一式の解説をしていきたいと思います。私から見た難易度や感想などできるだけ皆様、そして私自身の勉強にもなる解説をモットーにしています。
それではよろしくお願いします!

 今回の目次はこちらです↓

なお問題の難易度については次のように考えています。とても個人的な意見ですので、あくまでご参考ということでご容赦願います^^

★☆☆☆☆ 【易】  3分以内で確実に正解したい!
★★☆☆☆ 【やや易】3分を超えるかも知れないが確実に正解したい!
★★★☆☆ 【標準】 60%以上の正答率にはなんとか正解したい!
★★★★☆ 【やや難】2択まではなんとか絞り込める!難しい!
★★★★★ 【難】  できなくてもしょうがない!とっても難しい!

【平成30年度_問題1】

品質管理に関する次の記述のうち,最も適切なものはどれか。
① 現場で徹底すべき基本的な内容を表現した標語である「5S」 において,「清潔」は,必要なものについた異物を除去することを指す。
② 新QC7つ道具は言語データの分析に用いられるものであり、数値データを解析する手法は新QC7つ道具に含まれない。
③ 寸法規格が50±0.3mmである部品の寸法が平均50mm,標準偏差0.1mmの正規分布に従うとき,寸法規格を満たさない部品の全体に占める割合は1%以下である。
④ ISO 9001は,様々な品質マネジメントシステムの構造を画一化することの必要性を示すことを意図している。
⑤ ISO 9001は,品質マネジメントシステムに関する要求事項,並びに製品及びサービスに関する要求事項を規定している。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

正答は③でした。

それでは解説です。

① 不適切

5Sのそれぞれの意味は、下記でした。

  • 整理・・・いらないものを捨てる。
  • 整頓・・・決められた物を決められた位置に置き、いつでも取り出せる状態にしておく。
  • 清掃・・・常に掃除をする。
  • 清潔・・・3Sを維持し、職場の衛生を保つ。
  • 躾・・・決められたルール・手順を正しく守る習慣をつける。

《参照キーワード集》
技術士_総監キーワード集2019(経済性管理_2.4現場の管理と改善)

② 不適切

マトリクスデータ解析は数値データを扱います。新QC7つ道具は下記ですね。

  • 連関図
  • 系統図
  • マトリクス図
  • PDPC法
  • アローダイアグラム
  • 親和図
  • マトリクスデータ解析

《参照キーワード集》
技術士_総監キーワード集2019(経済性管理_2.2品質の管理)

③ 適切

標準偏差σ=0.1mmに対して、規格の±0.3mmは、±3σ分となります。下記から、規格を満たさない割合は、約0.3%となります。

  • ±1σに入る確率≒68.3%
  • ±2σに入る確率≒95.4%
  • ±3σに入る確率≒99.7%

④ 不適切

ISO9001には、画一化の必要性は記載されていません。

⑤ 不適切

ISO9001:2015 「8.2.2 製品及びサービスに関する要求事項の明確化」では、顧客に提供する製品及びサービスに関する要求事項を明確にするとき、組織は次の事項を確実にしなければならない・・・とはあります。しかし、要求事項それ自体を規定しているわけではないようです。

 

《難易度》★★★★☆

《感想》これは難しい問題だと思います。①②④は不適切だとすぐに分かりたいところです。しかし、③か⑤かの選択は難しいと思います。③は具体的な数値までは普通は覚えていないでしょうし(少なくとも私は覚えていませんでした^^)、⑤は大変細かい内容だと感じました。ただ③は品質管理の業務に少しでも携わっている方には1%以下かどうかは分かるのかも知れませんね。

【平成30年度_問題2】

活動基準原価計算(Activity Based Costing:ABC)に関する次の記述のうち,最も適切なものはどれか。
① 活動基準原価計算を実施する主目的は, 財務諸表を作成するための製品原価の算定をより正確に行うことにある。
② 活動基準原価計算は,製造業における直接費の増加を背景として注目された手法であり,非製造業への適用も可能である。
③ 活動基準原価計算では、製造間接費の各製品への配賦基準として,主に直接作業時間や機械時間が用いられる。
④ 活動基準原価計算は,一般に,伝統的な原価計算と比べて,少量生産品に製造間接費を少なく配賦する。
⑤ 活動基準原価計算におけるコスト・ドライバーの例として,部品数,段取り回数,検査回数,仕様書枚数,開発者数が挙げられる。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

正答は⑤でした。

それでは解説です。

① 不適切

活動基準原価計算を実施する目的は、原価を発生させる本当の要因を明らかにし、製品毎に発生した原価を正しく把握して振り分けることでした。

② 不適切

製造業における直接費の増加ではなく、間接費の増加が背景ですね。

 不適切

製造間接費の各製品への配賦基準として主に直接作業時間や機械時間を用いるのは、以前の伝統的な原価計算のやり方ですね。

 不適切

逆ですね。活動基準原価計算では、伝統的な原価計算と比べて,少量生産品に製造間接費を少なくではなく、多く配賦されます。

 適切

その通りです。

 

《難易度》★★☆☆☆

《感想》これは正解したい問題です。活動基準原価計算自体も総監キーワード集に出てきますし、内容も比較的基本的なものでした。ただ①はもっともらしい内容でひっかかりやすいかも知れませんので、難易度は★2つにしました。

《参照キーワード集》
技術士_総監キーワード集2019(経済性管理_2.5原価管理)

【平成30年度_問題3】

計画期間5年,初期投資費用1,500万円で,計画期間の間,毎年400万円の利益が得られるプロジェクトがある。このプロジェクトにおいて,追加投資を2年経過後(3年目の年初)に行うか否かを検討している。追加投資費用が300万円で,追加投資によって3年目以降の利益が毎年(400+X)万円になるとき,追加投資を行う場合と行わない場合とで,プロジェクト開始時点でのプロジェクトの正味現在価値が等しくなるようなXの値に最も近いものはどれか。ただし,割引率(年利率)は3%で,利益は年末に得られるものとする。また,上で述べたもの以外の費用や利益は考えない。
① 100  ② 103  ③ 106  ④ 109  ⑤ 113

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

正答は③でした。

それでは解説です。

1)追加投資を行う場合の正味現在価値NPV

NPV=PV-投資額でした。
PV=400/1.03+400/1.03^2+(400+X)/1.03^3+(400+X)/1.03^4+(400+X)/1.03^5
投資額=1500+300/1.03^2

2)追加投資を行わない場合の正味現在価値NPV

PV=400/1.03+400/1.03^2+400/1.03^3+400/1.03^4+400/1.03^5
投資額=1500

1)と2)のNPVが等しいので、式を整理すると次のようになります。

X/1.03^3+X/1.03^4+X/1.03^5-300/1.03^2=0

これより、X≒106.059 となります。

 

《難易度》★★☆☆☆

《感想》これも正解したい問題ですね。正味現在価値の基本的な計算問題です。文章問題より時間はかかりますが、冷静に解いて得点源にしたい問題だと思います。

《参照キーワード集》
技術士_総監キーワード集2019(経済性管理_2.1事業企画)

【平成30年度_問題4】

問題4:7つの作業A~Gで構成されるプロジェクトがあり,各作業の所要日数と先行作業(その作業を開始する前に完了しているべき作業)が下表のように与えられている。ここで,作業Aと作業Bは,同じ設備を使用するため,同時に行うことはできない。このプロジェクトの最短の総所要日数はどれか。

f:id:MechanicalEngineer:20190727160145p:plain

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

正答は②でした。

それでは解説です。

作業Aと作業Bは同時に行えませんので、場合分けをして考えます。ガントチャートでもPERTでもどちらでもできそうですが、ここではガントチャートを使用したいと思います。

1)作業Aを先に行う場合

f:id:MechanicalEngineer:20190727163507p:plain 最短の総所要日数は20日となります。

2)作業Bを先に行う場合

f:id:MechanicalEngineer:20190727163531p:plain

最短の総所要日数は18日となります。

よって、作業Bを先に行った場合の18日が正解となります。

 

《難易度》★★☆☆☆

《感想》これも正解したい問題ですね。少し時間はかかるかも知れませんが得点源にしたい問題だと思います。

【平成30年度_問題5】

原材料の段階から製品やサービスが消費者の手に届くまで,複数の企業からなるサプライチェーンを考える。サプライチェーンマネジメント(SCM)に関する次の記述のうち,最も不適切なものはどれか。なお,用語の意味・同義語は下表のとおりとする。

f:id:MechanicalEngineer:20190727201348p:plain
① SCMを適用する前のサプライチェーンでは,パートナー企業間にブルウィップ効果が現れることがある。
② SCMは,顧客や市場の変化に対しパートナー企業間でICTなどによる情報共有によって迅速に対応しようとする供給連鎖のビジネスモデルとして出現した。
③ SCMで,パートナー企業間で需要や在庫の情報を共有することによって,ブルウイップ効果の減少が期待される。
④ SCMでは,全体最適化のためTOCを適用し,サプライチェーン全体のほとんどの在庫を川下の最終消費者に近いパートナー企業に集めることが推奨される。
⑤ 企業あるいはサプライチェーンを取り巻く環境は変化していることから,SCMは環境変化に合わせて変化させていくことが重要である。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

正答は④でした。

それでは解説です。

 ① 適切

その通りです。SCMの適用によりブルウィップ効果の減少が期待できます。なおブルウィップ効果は経営工学部門や機械部門での重要キーワードの一つですね。

  適切

その通りです。現在ではほぼリアルタイムな情報共有が必要とされています。

  適切

その通りです。①と同じです。

  適切

不適切です。すべてのパートナー企業の在庫の減少を図るものです。

  適切

その通りです。

 

《難易度》★☆☆☆☆

《感想》機械部門の技術士としては基本問題だったと思いました。経営工学部門の勉強をされた方にとってももちろん基本問題だったと思いますが、他部門の方々にはどうだったでしょうか?個人的な難易度は★1つとさせて頂きます^^

《参照キーワード集》
技術士_総監キーワード集2019(経済性管理_2.4現場の管理と改善)

【平成30年度_問題6】

製品やサービスに関するマスカスタマイゼーションのアプローチの記述について,適用例との組合せとして最も適切なものはどれか。
アプローチ】
(ア)顧客情報の事前分析により,顧客のニーズを満たす仕様で製品・サービスを提供する。
(イ)標準仕様品に簡単な施しを加えて,製品・サービスとして顧客へ提供する。
(ウ)顧客との個別の相互対話を通じて顧客のニーズをくみ取り,満足のいく製品・サービスを提供する。
(エ)標準仕様品に顧客自身でカスタム化できるように手を加えて,製品・サービスを提供する。
適用例】
(A) プログラム可能な照明装置
(B) ホテルチェーンにおける顧客データベースに基づくサービスの提供
(C) 採寸と顧客との会話を基に製造され,履き心地を保証したカスタムメイドの靴
(D) シャツへのネーム入れ


① (ア)A(イ)B(ウ)C(エ)D
② (ア)B(イ)A(ウ)C(エ)D
③ (ア)C(イ)A(ウ)B(エ)D
④ (ア)A(イ)D(ウ)B(エ)C
⑤ (ア)B(イ)D(ウ)C(エ)A

 

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

正答は⑤でした。

それでは解説です。

(ア)事前分析、顧客のニーズを満たす仕様、というワードから(B)。

(イ)標準仕様品に簡単な施し、というワードから(D)。

(ウ)顧客との個別の相互対話、顧客のニーズをくみ取り、というワードから(C)。

(エ)標準仕様品に顧客自身でカスタム化、というワードから(A)。

 

《難易度》★☆☆☆☆

《感想》この問題は適切に着目すべきワードに気をつければ、特に迷うことはなかったです。

【平成30年度_問題7】

ある職場では,負荷と能力について来月の工数の計算を行い,必要な残業時間を見積もっている。次のa~hの条件のもとで,負荷工数(時間)から能力工数(時間)を引いた来月の総残業時間(時間)として最も近いものはどれか。
[条件]
a.作業者数:10名
b.定時での1日当り就業時間:8時間
c.就業日数:20日
d.作業者の平均出勤率:95%
e.1人の作業者が1個を生産するための標準時間(総加工時間):20分
f.来月の適合品の生産計画量:4,900個
g.生産数量に対する適合品の数量の比率:99%
h. その他の条件は考慮しないものとする。
① 34時間 ② 50時間 ③ 114時間 ④ 130時間 ⑤ 136時間

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

正答は④でした。

それでは解説です。

負荷工数=標準時間×生産数+段取り時間 より、

負荷工数=1/3(時間)×4,900(個)/0.99(適合品比率)+0≒1650時間

能力工数=就業時間×(1ー間接作業率)×作業者数×出勤率 より、

能力工数=8時間×20日×(1-0)×10名×0.95(出勤率)=1520時間

よって、総残業時間は約130時間となる。

 

《難易度》★★☆☆☆

《感想》総監キーワード集2019や過去問でも出題されていますので、特に難しくはない問題かと思いました。計算問題は時間はかかりますが、冷静に解くのが大切ですね。

《参照キーワード集》
技術士_総監キーワード集2019(経済性管理_2.3工程管理)

【平成30年度_問題8】

財務諸表に関する次の記述のうち,最も不適切なものはどれか。
① 財務会計は,企業外部の利害関係者に対して,企業の状況に関する会計情報を伝達することを主な目的とする。
② 賃貸対照表は,資産,負債,純資産によって,一定時点(通常は決算日)の財政状態を表すものである。
③ 損益計算書は,収益と費用を対比して,利益を算出することにより,一定期間(通常は1年の会計期間)における経営成績を示すものである。
④ 損益計算書(報告式)では,売上総利益,経常利益,営業利益,純利益の順に損益が計算される。
⑤ キャッシュ・フロー計算書は,一定期間(通常は1年の会計期間)におけるキャッシュ・フローの状況を一定の活動区分別に表示し,現金(現金と同等のものを含む。)の動きを明らかにするものである。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

正答は④でした。

それでは解説です。

① 適切

その通りです。財務会計は外部向け、管理会計は内部向けです。

  適切

その通りです。借方に資産、貸方に負債と資本(純資産)が記載されます。

  適切

その通りです。

  適切

不適切です。売上総利益→営業利益→経常利益→純利益の順番ですね。

  適切

その通りです。活動区分としては、営業活動、投資活動、財務活動の3つに区分されました。

 

《難易度》★☆☆☆☆

《感想》総監キーワード集2019の勉強をした人にとっては、正解しやすい問題だったと思います。

《参照キーワード集》
技術士_総監キーワード集2019(経済性管理_2.6財務会計)

 

それでは今回も最後までありがとうございました^^

よろしければ読者登録をお願い致します^^