機械系エンジニアの技術士ストレート合格勉強法

技術士第一次試験に満点合格、第二次試験(機械部門)にストレート合格した勉強法や過去問解説、キーワード集を大公開。

技術士_総監キーワード集2019(経済性管理_2.8計画・管理の数理的手法)

こんにちは。

機械系エンジニアのメカエン@技術士(機械部門)です。
今回も皆様のお役に立つ情報を共有したいと思います^^

 

今回のテーマはこちらです。

総合技術監理キーワード集2019
経済性管理_2.8計画・管理の数理的手法

総合技術監理キーワード集2019の解説をしていきたいと思います。すべてではありませんが勉強したところを随時載せていきたいと思います。過去問で出題された内容を含めるなど、できるだけ試験対策につながる解説をモットーにしています。
それではよろしくお願いします!

今回の目次はこちらです↓

離散型シミュレーション

  • 待ち行列などを使用したシミュレーション。
  • スーパーなどでの客の到着とレジ処理時間の待ち時間の計算などに用いられる。
  • 差分方程式で表現される経済現象を分析するために用いられる。

Tips : 令和元年度の択一で出題されました。どのようなことに使用されるのかも理解しておくのが試験対策としても有効そうです。

連続型シミュレーション

  • 時間経過とともに連続的に変化する状態量を分析するためのシミュレーション。
  • インフルエンザの感染症の広がりのモデル化などに用いられる。

Tips : 離散型シミュレーションとの違いの理解が重要ですね。

数理計画法

  • オペレーションズリサーチの代表的な手法の一つ。
  • いくつかの制約条件の下で、目的関数を最適化するようにパラメータを決定すること。
  • 線形計画法、非線形計画法、動的計画法、整数計画法などがある。
  • 業務における勤務シフトの決定にも用いられる。

Tips : 業務における勤務シフトの決定への利用は、令和元年度の択一で出題されたものです。実社会に広く利用されている手法です。

パレート最適

  • 何かの満足度を犠牲にしないと、他のものの満足度を高めることができない状態のこと。

Tips : この考え方はまさに総監における全体最適の考え方ですね。

階層化法(階層化意思決定法:AHP)

  • Analytical Hierarchy Process
  • 意思決定者が自分の抱える問題の構造がはっきりしないときに用いる。
  • 構造を、問題-評価基準-代替案の3層の階層図で表現した上で、評価基準や代替案の一対比較から代替案の重要度を求める方法。
  • 意思決定者が一人でなく、複数の場合にも適用が可能。

f:id:MechanicalEngineer:20190727083928p:plain

ブレインストーミング法

  • 集団でアイデアを出し合うことで自由な発想の誘発を期待する方法。
  • ブレインストーミングの4原則
    ①結論厳禁:判断、結論を出さない。
    ②自由奔放:粗野な考えを歓迎する。
    ③質より量:量を重視する。
    ④結合改善:アイデアを結合し発展させる。

過程決定計画図

  • PDPC Process Decision Program Chart
  • 新QC7つ道具の一つ。
  • 問題解決をする上で、情報不足や環境などの変化による不足の事態を想定して、不測の事態が発生した際の対応策を計画におりこみ、問題解決への望ましい結果に至る過程を定める手法。
  • 東大紛争の最中に大学と学生側がどのように交渉していけば悲惨な結果にならないかを考えるために考案されたもの。
  • 一人の指揮者が判断を行うためにも使えるが、特に多くの関係者が共通の認識を持って事に当たる際に非常に効果的と言われている。

 

それでは今回も最後までありがとうございました^^

よろしければ読者登録をお願い致します^^