機械系エンジニアの技術士ストレート合格勉強法

技術士第一次試験に満点合格、第二次試験(機械部門)にストレート合格した勉強法や過去問解説、キーワード集を大公開。

【技術士試験キーワード解説】第五次環境基本計画

こんにちは。

機械系エンジニアのメカエン@技術士(機械部門)です。
今回も皆様のお役に立つ情報を共有したいと思います^^

 

今回のテーマはこちらです。

第五次環境基本計画

時事問題、白書や法令などの勉強で出会ったキーワードを紹介したいと思います。技術部門の記述式だけでなく、総監部門の択一式や記述式でも役立つキーワードです。

 今回の目次はこちらです↓

環境基本計画

そもそも環境基本計画とは何かということですが、このように位置付けられています。

環境基本計画は、環境基本法第15条に基づき、政府全体の環境の保全に関する総合的かつ長期的な施策の大綱を定めるものです。

 平成6年に第一次環境基本計画が策定されて以降、6年ごとに策定されています。令和元年現在では平成30年に閣議決定された第五次まで策定されています。

目指すべき社会の姿

第五次環境基本計画では、目指すべき社会の姿を次のように定めています。

  1. 「地域循環共生圏」の創造
  2. 「世界の範となる日本」の確立
    ・公害を克服してきた歴史
    ・優れた環境技術
    ・「もったいない」など循環の精神や自然と共生する伝統
  3. これらを通じた、持続可能な循環共生型の社会(「環境・生命文明社会」)の実現

地域循環共生圏

  • 各地域がその特性を活かした強みを発揮
  • 地域資源を活かし、自立・分散型の社会を形成
  • 地域の特性に応じて補完し、支え合う

6つの重点戦略

分野横断的な6つの重点戦略を設定しています。

含まれる6つのキーワードは、経済・国土・地域・暮らし・技術・国際です。

  1. 持続可能な生産と消費を実現するグリーンな経済システムの構築
  2. 国土のストックとしての価値の向上
  3. 地域資源を活用した持続可能な地域づくり
  4. 健康で心豊かな暮らしの実現
  5. 持続可能性を支える技術の開発・普及
  6. 国際貢献による我が国のリーダーシップの発揮と戦略的パートナーシップの構築

次からはこれらの6つの重点戦略に含まれるキーワードを見ていきましょう。

ESG投資

  • Environment,Sosial,GovernanceのESGを考慮した投資。環境・社会・ガバナンスを考慮した投資。
  • 近年急速に世界的に注目されてきている概念で、ESGの観点が低い企業は持続的な成長が見込めないとの見方が広がっている。

グリーンボンド

  • 温暖化対策や環境プロジェクトなどの資金を調達するために発行される債券。
  • 発行体としては投資家や社会に対して自らの環境問題への取り組み姿勢をより鮮明に打ち出すことが可能となった。

サービサイジング

  • 財を売るのではなく、サービス(機能)を売る。脱物質化により環境負荷低減に寄与。
  • サービサイジングのうち、特に環境面で優れたパフォーマンスを示すものをグリーン・サービサイジングという。

シェアリング・エコノミー

  • 個人が保有する遊休資産を共有。
  • 有形なものだけではなく、スキルなどの無形なものも含まれる。

再エネ水素

  • 再生可能エネルギーから水素を製造すること。
  • 再生可能エネルギーとは、太陽光・風力・水力・地熱・バイオマスの5種類を指す。

水素サプライチェーン

  • 水素社会の実現に向け、水素をつくり、運び、貯め、使うこと。

Eco-DRR

  • Ecosystem-based Disaster Risk Reduction
  • 生態系を活用した防災、減災。

コンパクトシティ

  • 都市的土地利用の郊外への拡大を抑制し、中心市街地の活性化が図られた都市、都市政策。

マイクロプラ

  • 海洋ごみ対策に関連。微小なプラスティック粒子。それ自体とそれに付着した有害物質が問題。

倫理的消費

  • より良い社会に向けて、人や社会・環境に配慮した消費行動。

COOL CHOICE

  • 2030年度の温室効果ガスの排出量を2013年度比で26%削減するという目標達成のために、日本が世界に誇る省エネ・低炭素型の製品・サービス・行動など、温暖化対策に資するあらゆる「賢い選択」を促す国民運動。

食品ロス

  • 食べられるのに捨てられてしまう食品。
  • 日本の食品ロスは年間約646万トン(2015年)。一人当たり51キロでコメの年間一人当たり消費量54キロにほぼ相当。
  • SDGsでは、30年までに世界全体の一人当たりの食糧廃棄を半減させると掲げている。
  • 食品ロス削減法案が2019年5月に成立。フードバンク支援義務付け。
  • フードバンクとは、廃棄される賞味期限内の食品を企業などから譲り受けて福祉施設や困窮者らに届ける団体・活動。

 

それでは今回も最後までありがとうございました^^

よろしければ読者登録をお願い致します^^