機械系エンジニアの技術士ストレート合格勉強法

技術士第一次試験に満点合格、第二次試験(機械部門)にストレート合格した勉強法や過去問解説、キーワード集を大公開。

技術士(総監部門)択一式【経済性管理(平成26年度 問題1~8)】

こんにちは。

機械系エンジニアのメカエン@技術士(機械部門)です。
今回も皆様のお役に立つ情報を共有したいと思います^^

 

今回のテーマはこちらです。

技術士(総監部門)択一式
経済性管理(平成26年度 問題1~8)

総監部門の択一式の解説をしていきたいと思います。私から見た難易度や感想などできるだけ皆様、そして私自身の勉強にもなる解説をモットーにしています。
それではよろしくお願いします!

 今回の目次はこちらです↓

なお問題の難易度については次のように考えています。とても個人的な意見ですので、あくまでご参考ということでご容赦願います^^

★☆☆☆☆ 【易】  3分以内で確実に正解したい!
★★☆☆☆ 【やや易】3分を超えるかも知れないが確実に正解したい!
★★★☆☆ 【標準】 60%以上の正答率にはなんとか正解したい!
★★★★☆ 【やや難】2択まではなんとか絞り込める!難しい!
★★★★★ 【難】  できなくてもしょうがない!とっても難しい!

【平成26年度_問題1】

問題状況とそこで用いられる問題解決手法に関する次の記述のうち,最も適切なものはどれか。

①いくつかの案について,複数の評価基準に対し一対比較行列を作成し,その重要度を数値化して最も望ましい代替案を決めるために,階層化意思決定法を用いる。

②問題解決のための手順を有向グラフの形式に示し,将来起こり得る局面とその結果を想定し,的確な判断ができるようにするために,親和図を用いる。

③ある事象に対し,その結果に影響を及ぼすと思われる根元的な原因を列挙し,定性的な因果関係を整理・分類するために,過程決定計画図を用いる。

④少人数のグループで問題解決のアイデアを自由奔放に引き出すために,デルファイ法を用いる。

⑤同一内容のアイデアに関するアンケートを繰り返し行い,回答者の意見を収れんさせていくために,集団情報構造化法を用いる。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

正答は①でした。

それでは解説です。

適切
階層化意思決定法(AHP)の説明で適切です。
不適切

過程決定計画法(PDPC法)の説明になっており、不適切です。

不適切

特性要因図の説明になっており、不適切です。

不適切
ブレインストーミング法の説明になっており、不適切です。
不適切
デルファイ法の説明になっており、不適切です。
 

《難易度》★★★☆☆

《感想》各々の手法の概要を理解していないと正解を選択するのは難しい問題です。過去問や総監キーワード集2019の用語の意味を確認しておくことが重要そうです。

《参照キーワード集》
技術士_総監キーワード集2019(経済性管理_2.8計画・管理の数理的手法)

【平成26年度_問題2】

製品製造における原価企画に関する次の記述のうち,最も不適切なものはどれか。

① 製品企画段階では,製品のコンセプトと目標利益を明確にする。

② 製品の定められた目標利益から,それを実現するための目標原価を設定する。

③ 目標原価の設定は,製品の機能を構成する単位としての構造毎,部品毎に行う。

④ 設計段階では,原価低減のための検討を行い,設計変更・修正を繰り返す。

⑤ 製造へ移行した時点で原価企画の活動は終了し,それ以降は原価維持の活動を行う。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

正答は⑤でした。

それでは解説です。

適切
適切です。
適切

適切です。目標利益→目標原価の順番です。

適切

適切です。

適切
適切です。
不適切
原価企画は製造段階でも継続されます。

 

《難易度》★★☆☆☆

《感想》⑤が不適切な内容だと比較的分かりやすかったので★2つです。

《参照キーワード集》
技術士_総監キーワード集2019(経済性管理_2.5原価管理)

【平成26年度_問題3】

ある会社では,ある機械を買取りとするか,レンタルとするかについて検討している。以下に示す条件の場合,買取りによる現在価値に最も近くなる毎年のレンタル費用はどれか。
・考慮する期間 3
・年利率: 10 %
・買取りの場合: 1年目の初めに1 , 000万円支払い, 3年目の末に200万円で引き取ってもらえる。
・レンタルの場合: 3年間,毎年の初めに均等に支払う。
 
① 242万円 ② 267万円 ③ 293万円 ④ 311万円 ⑤ 342万円

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

正答は④でした。

それでは解説です。

1)買取の場合

PV=1000万円-200万円/1.1^3≒849.74万円

2)レンタルの場合

x万円を毎年の初めに均等に支払うとすると、

PV=x+x/1.1+x/1.1^2≒2.7355x

以上より、x≒311万円

 

《難易度》★★☆☆☆

《感想》頻出問題ですので少し時間がかかっても正解したい問題です。今回は費用の現在価値として考えています。収益の現在価値で考えると符号が逆になりますが、答えは当然同じとなります。考えやすい方で良いと思います^^

《参照キーワード集》
技術士_総監キーワード集2019(経済性管理_2.1事業企画)

【平成26年度_問題4】

あるプロジェクトの各作業の所要時間と先行作業(その作業を開始する前に完了しているべき作業)が下表のように与えられている。PERTにより,全体の作業が最短期間で完了するよう作業日程を組むとき,このプロジェクトに関する次の記述のうち,最も適切なものはどれか。

f:id:MechanicalEngineer:20190802062353p:plain

① 作業Aはクリティカル・パス上にある。
② 作業Bの最遅終了時刻は6である。
③ 作業Dの最早終了時刻は9である。
④ 作業Eの最早開始時刻は11である。
⑤ 作業Fのトータル・フロートは2である。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

正答は③でした。

それでは解説です。

 今回のプロジェクトをガントチャートで示すとこのようになります。(PERTのままの方が解きやすいのですが、図に表す関係でガントチャートを使用します。)

f:id:MechanicalEngineer:20190802204917p:plain

不適切
クリティカルパスは、作業B→作業Cだと分かりますので、作業Aはクリティカルパス上にはなく、不適切です。
不適切

作業Bの最遅終了時刻は5ですので、6ではなく不適切です。

適切

ガントチャートより適切です。

不適切

作業Eの最早開始時刻は9ですので、11ではなく不適切です。
不適切
作業Fのトータル・フロートは1ですので、2ではなく不適切です。作業Fが1時間遅れても、トータルの作業完了時間である12時間は変わらないということですね。

 

《難易度》★★☆☆☆

《感想》PERTやガントチャートで考えるのに時間はかかりますが、ゆっくり考えれば正解は可能な問題でした。

【平成26年度_問題5】

 需要変動に対する生産計画の調整には,生産能力調整と需要平滑化がある。次の(ア)~(オ)のうち,生産能力調整に該当するものの数はどれか。

(ア)生産率の調整

(イ)補完製品開発による調整

(ウ)在庫水準の調整

(エ)外注対応による調整

(オ)労働力水準の調整

①1 ②2 ③3 ④4 ⑤5

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

正答は④でした。

それでは解説です。

 生産能力調整は次の5つでした。
  1. 在庫水準調整
  2. 労働力水準調整
  3. 生産率変更
  4. 外注対応
  5. パートタイマー活用

 需要平滑化は次の3つでした。

  1. 需要増大
  2. 納期遅延
  3. 補完製品開発

生産能力調整は、(ア)(ウ)(エ)(オ)

需要平滑化は、(イ)

 

《難易度》★★★★☆

《感想》細かい知識を問う問題でした。すべての選択肢の正誤を分かる必要があるという点で、難しい問題だと思います。

《参照キーワード集》
技術士_総監キーワード集2019(経済性管理_2.3工程管理)

【平成26年度_問題6】

製品安全については「開発・設計段階」,「生産段階」,「販売・サービス段階」それぞれで検討するべきものがある。次の() ~ ()のトラブルと,その予防措置を行う段階の組合せとして最も適切なものはどれか。
(ア)製品が使われる環境の検討が十分でなかったため一部ユーザの機器に故障が発生した。
(イ)使用部品が設計規格から外れたため機器が作動不良となった。
(ウ)倉庫に保管してある部品を使用したところ新しい物と古くて性能劣化した物が混在していた。そのため不良部品を組み込んだ製品が市場に出荷されてしまった。
(エ)部品の交換方法が取扱説明書に示されていなかったため,誤って取り付けたことによる機器故障が発生した。
(オ)機器の使用中に部品の劣化が進行し,人命に関わる事故が発生した。
(カ)機器点検中,作業者が怪我をした。調べたところ,触れると危険な部位に注意表示がなく,マニュアルにも記載されていなかった。

f:id:MechanicalEngineer:20190802062849p:plain

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

正答は②でした。

それでは解説です。

(ア)「製品が使われる環境の検討」は、開発・設計段階です。

(イ)「使用部品が設計規格から外れた」は、部品を使用する段階ですので、生産段階です。

(ウ)「倉庫に保管している部品を使用した」のは、生産段階です。

(エ)「取扱説明書に示されていなかった」ので、販売・サービス段階です。

(オ)「機器の使用中に部品の劣化が進行」したのは設計不良ですので、開発・設計段階です。

(カ)「注意表示がなく、マニュアルにも記載されていなかった」ので、販売・サービス段階です。

 

《難易度》★★☆☆☆

《感想》文中のキーワードを的確に把握できれば、それほど難しい問題ではありませんでした。少し時間はかかるかも知れませんので、★2つです。

【平成26年度_問題7】

 進行管理に関する次の(ア)~(エ)の記述のうち,適切なものの数はどれか。

(ア)「作業手配」は,作業準備と作業割当てを行い,作業指示を与えることである。

(イ)「進度管理」は,日程計画に基づいた作業の進捗を調査して判定し,遅れが生じている場合は対策を講じるものである。

(ウ)「余力管理」の目的は,作業者や設備の能力と負荷を調整して待ち時間を減らし,過負荷を防止することにある。

(ェ)「現品管理」の目的は,現状の完成品数量を把握し生産日程を維持することにある。

①0 ②1 ③2 ④3 ⑤4

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 正答は④でした。

それでは解説です。

(ア)適切
その通りです。

(イ)適切

その通りです。

(ウ)適切

その通りです。余力管理は能力と負荷の調整です。

(エ)不適切

現品管理は仕掛品の所在と数量を管理するものです。完成品数量の管理ではありませんので、不適切です。

 

《難易度》★★★★☆

《感想》細かい知識を問う問題であり、かつすべての選択肢の正誤を答える必要がありますので、難しい問題だと思いました。令和元年度はこのアルファベットの選択肢問題(すべての選択肢の正誤を問う問題)がなくなりましたね。そういう意味では少し解答しやすくなった気がします(難しいことに変わりはありませんが。。)。

《参照キーワード集》
技術士_総監キーワード集2019(経済性管理_2.4現場の管理と改善)

【平成26年度_問題8】

 次の(ア)~(エ)に示す設備保全の管理方式と, (A)~(D)に示す生産上の事例の組合せとして最も適切なものはどれか。
設備保全の管理方式

(ア)日常保全

(イ)定期保全

(ウ)予知保全

(エ)保全予防

生産上の事例

(A)毎始業時,設備の作動を点検し,給油を行った後に本作業に入る。

(B)設備の劣化傾向を診断技術によって管理し,保全時期や修理方法を決める。

(C)設備の故障データに基づいて一定運転時間ごとに部品の交換を行う。

(D)使用中の設備に故障が多発したため,設備を新しく計画する段階で故障対策やメンテナンス性の改善策を適用した設備の導入を図る。

A  C  B  D
A  C  D  B
A  D  C  B
C  A  B  D
C  B  D  A

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 正答は①でした。

それでは解説です。

事例から方式を考えた方が分かりやすいので、その順番で考えていきます。

(A)日常保全の説明です。「毎始業時」点検するのは日常保全です。

(B)予知保全の説明です。「診断技術」を用いるのは予知保全となります。

(C)定期保全の説明です。「一定運転時間ごと」に行うのは定期保全です。

(D)保全予防の説明です。「設備を新しく計画する段階」で実施する唯一の保全が保全予防となります。

 

《難易度》★★☆☆☆

《感想》保全については業務で関わりがあれば答えやすいですが、関わりがなければ少し難しい問題となったかも知れません。個人的には★2つでした。

《参照キーワード集》
技術士_総監キーワード集2019(経済性管理_2.7設備管理)

 

 

それでは今回も最後までありがとうございました^^

よろしければ読者登録をお願い致します^^