インデックス投資101

じっくりコツコツ積上げる!

【運用結果】2021年12月 & 2021年間運用資産まとめ

2021年12月の運用資産まとめです。

2021年の運用結果まとめもしておきます。

(断りがない限り1ドル=115.0円で計算しています)

2021年12月の運用結果まとめ&2021年の年間での運用結果まとめです。

世界的な金融相場とドル円上昇により大幅に運用資産が増えた1年間でした。

米国株(ETF

3,178万円

VOOです。

米国株(個別)

0万円

保有なしです。

日本株

27万円

優待目的のイオン100株です。

投資信託

5,714万円

<内訳>
eMAXIS Slim 全世界(除く日本)
3,186万円

eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)
2,087万円

eMAXIS ナスダック100
441万円

現金

215万円

まとめ

■運用資産
9,134万円

f:id:MechanicalEngineer:20220101070506j:plain

2021年の年間運用結果まとめ

2020年末 6,133万円

2021年末 9,134万円

年間増分 3,001万円

入金      655万円

正味増分 2,346万円(+34.6%)

2021年は無リスク資産を運用資産に変更し入金が大きくなりました。

2022年は通常の入金額になりますのでコツコツいこうと思います。

正味の増分は世界的な金融相場による株高と為替により大幅UPとなりました。

S&P500は年間で3,756→4,766で26.9%の上昇でした。

ドル円は年間で103円→115円に約11.5%の上昇でしたので、

S&P500は円建てでは約41.5%上昇したことになります。

2022年の投資方針

2022年は米国での金融相場が終わり利上げの開始が見込まれます。

株価=PER×EPS

金利上昇によるバリュエーション(PER)の低下と

業績向上によるEPSの上昇のどちらが上回るか?

前回の米国での利上げ局面では短期的には上下はあったものの

長期的には好調な企業業績に支えられた業績相場となり株価は上昇しました。

今回も同様になるかは分かりませんが金利と企業業績に注目しながらも

どっしり構えたいと思います。

具体的には現在と同様にS&P500をベンチマークとしたインデックスファンドを中心に全世界型とナスダック100も保有しながら全体としてインデックス投資を継続します。

年末にはコロナ禍もおさまっていることを祈りながら、

2022年もしっかり資産形成をしていきたいと思います。