キャプテンの資産運用ブログ

投資×節約×キャリアアップで経済的自由を目指す

【運用結果】米国株ETF 20年10月度(第3週)

 

f:id:MechanicalEngineer:20201024084722j:plain
こんにちは~!今週の米国株ETFの運用結果です。

米国株ETFポートフォリオと運用結果

ポートフォリオ

銘柄数は引き続き5銘柄で運用中です。

今週のポートフォリオはこのようになりました。

投資信託でも全世界株式とS&P500に連動するものを運用中ですので、ETFとのバランスを考えながら運用中です。

f:id:MechanicalEngineer:20201024084748j:plain

運用結果

運用結果(入金込み)

f:id:MechanicalEngineer:20201024084832j:plain

今週はVOOを定期買付しました。

さらに年末ラリーへの期待からVOO、VGT、QQQをいつもより多くスポット買いしました。

評価額は216,319ドル(前週比+12,683ドル)となりました。

増分前週比+6.23%でした。

運用結果(入金なし)

ポートフォリオの評価のために入金なしの場合の仮の運用結果を確認してます。

増分前週比-0.71%でした。

米国主要指数 vs ポートフォリオ

米国主要指数

●NYダウ    -0.95%(今週末28,335.57ドル)

●S&P500              -0.53%(今週末3,465.39)

NASDAQ         -1.06%(今週末11,548.28)

今週のポートフォリオとの変動率の比較はこのようになりました。

全世界型のVTが唯一のプラスとなりました。

注:★キャプテン★は入金なしでの運用結果です。

f:id:MechanicalEngineer:20201024084857j:plain
保有ETFの2020年5月末以降のパフォーマンスはこんな感じです。

相変わらずVGTとQQQが同じようなパフォーマンスで、VTとVOOとVIGも似たようなパフォーマンスになっています。

VGTとQQQは構成銘柄を見てもまとめてもいいかも知れませんねー

VTとVOOとVIGはそれぞれ全世界、米国S&P、米国連続増配型で性格が違うものですが、ここ半年のパフォーマンスは不思議と似ているのが興味深いです。

f:id:MechanicalEngineer:20201024085152j:plain

 

今週のふり返り

f:id:MechanicalEngineer:20200620061453j:plain

<米国市場&インデックス>

今週の米国市場は先週に引き続き主要3指数とも少し下落しました。

米大統領候補テレビ討論会の最終討論会が行われましたが、世論ではあまり両候補の支持率への影響はなかったと見られているようです。

このままだとバイデン大統領誕生となる可能性が高いようですが果たして結果はどうなるでしょうか?

おりしも決算シーズンに米大統領選のクライマックスが重なり、来週はボラティリティが大きくなる可能性もありそうです。

今一度、自分の投資戦略を見直して短期的な動きに惑わされないようにすることが重要になってきそうです。

<ポートフォリオ>

今週のポートフォリオは全世界型のVTが唯一のプラスで残りは指数に連動する形でマイナスとなりました。

来週はボラティリティが大きくなる可能性もありますが、大局観を崩さずに引き続きBuy&Holdしたいと思います。

 

以上