キャプテンの資産運用ブログ

インデックス投資で2億円!

【運用結果】米国株ETF 2021年4月度(第4週)

 

■米国株ETF 2021年4月度(第4週)■

今週の米国株ETFの運用結果です。

米国株ETFポートフォリオと運用結果

ポートフォリオ

今週の米国株ETFポートフォリオは変わらずいつもの3銘柄での運用となりました。

VOO:42%、VT:47%、QQQ:11%です。

比率も大きくは変わりませんね。

f:id:MechanicalEngineer:20210503063827j:plain

運用結果

f:id:MechanicalEngineer:20210503063930j:plain

今週の追加購入はなしでした。

評価額は313,797ドル(前週比-637ドル)となりました。

増分前週比-0.20%でした。

ETFの騰落率は前週からVOOは-0.14%、VTは-0.46%、QQQは-0.42%でした。

先週に引き続きヨコヨコでした。

ポートフォリオの評価のために入出金なしの場合の運用結果を確認してみます。

今週は入出金なしでしたので上記と同じく前週比-0.20%でした。

米国主要指数 vs ポートフォリオ

米国主要指数

●NYダウ    -0.50%

●S&P500              +0.02%

NASDAQ総合     -0.39%

3指数ともヨコヨコでしたね。

S&P500は底堅い動きです。

今週のポートフォリオとの変動率の比較はこのようになりました。

どれもあまり大差なしですね。

(注:★キャプテン★は入金なしでの運用結果です)

f:id:MechanicalEngineer:20210503064245j:plain
保有ETFの2021年のパフォーマンス推移です。

昨年末からはVTが+9.4%、QQQが+7.7%、VOOが+11.6%となりました。

f:id:MechanicalEngineer:20210503064312j:plain

今週のふり返り

f:id:MechanicalEngineer:20200620061453j:plain

<米国市場&インデックス>

2週連続でヨコヨコな動きとなりました。

決算シーズンですがここまでのS&P500の2021年第1四半期利益は前年同期比で46.3%増加の見通しで既に発表済みの約300社のうち市場予想を上回ったのは87%となります。

ほとんどの企業の決算が予想を上回っていますので単純に予想を上回るだけの決算では短期的に売り込まれている銘柄も見受けられます。

米国ではワクチン接種がずいぶんと進み、ディスニーランドが再開するなど確実にアフターコロナへ向かっています。

これまでのコロナ銘柄から景気回復で恩恵を受ける銘柄へのシフトが進む中で、失業率を重視しているFRBが今後どのような発言をしていくか、週末5/7予定の米雇用統計にも注目したいと思います。