キャプテンの資産運用ブログ

インデックス投資で2億円!

【運用結果】米国株ETF 2021年1月度(第2週)

 

■米国株ETF 2021年1月度(第2週)■

今週の米国株ETFの運用結果です。

米国株ETFポートフォリオと運用結果

ポートフォリオ

今週も変わらず3銘柄での運用となりました。

f:id:MechanicalEngineer:20210116103226j:plain

運用結果

運用結果(入金込み)

f:id:MechanicalEngineer:20210116103311j:plain
先週に引き続きVOOをスポット買いしました。

今週は4口買い増しです。

運用資産全体のポートフォリオでS&P500インデックス投資分が少し全世界インデックス投資分に比べて足りないので、今後の入金分はしばらくはS&P500インデックスへの投資となりそうです。

評価額は317,885ドル(前週比-3,582ドル)となりました。

昨年末に30万ドルを超えてきて1%の重みが増えてきたと先週書きましたが、それはプラス側だけではなくマイナス側への重みも当然増えてきてます。

まだまだリスク許容度としては余裕ですので、しっかりホールドしていきたいと思います。

増分前週比-1.11%でした。

運用結果(入金なし)

ポートフォリオの評価のために入金なしの場合の運用結果を確認してます。

増分前週比-1.54%でした。

米国主要指数 vs ポートフォリオ

米国主要指数

●NYダウ    -0.91%(今週末30,814.26ドル)

●S&P500              -1.48%(今週末3,768.25)

NASDAQ         -1.54%(今週末12,998.50)

昨年絶好調だったナスダックが不調です。

景気回復期待から米国債10年利回りが1.000%を超えてきたあたりから、グロース株が若干弱くなってきている影響もありそうです。

今週のポートフォリオとの変動率の比較はこのようになりました。

今週はナスダックと同様にマイポートフォリオも残念な結果でした。。

注:★キャプテン★は入金なしでの運用結果です。

f:id:MechanicalEngineer:20210116104343j:plain

保有ETFの2021年のパフォーマンス推移です。

まだまだ今年も始まったばかりです。

今年も米国株の成長に期待したいと思います。

f:id:MechanicalEngineer:20210116104449j:plain
 

今週のふり返り

f:id:MechanicalEngineer:20200620061453j:plain

<米国市場&インデックス>

今週はFRBパウエル議長による金融政策、バイデン次期大統領による財政政策に関する今後の米国市場に大きな影響を与えるであろう大きなイベントがありました。

FRBパウエル議長の要点としては、「今後数年間の米経済に楽観的」、「一方で米経済が厳しい冬を乗り越えなければならない」とし、「金融超緩和策の出口を議論することについて、今はその時期ではない」としました。

金融緩和はまだまだ継続する見通しのようです。

バイデン次期大統領の財政政策の要点としては、このようなものです。

・全体で1.9兆ドル規模の景気刺激策

・ワクチン接種など新型コロナ対策に4,150億ドル

・家計支援に約1兆ドル

・企業や地域に約4,400億ドル

・国民への現金給付1,400ドル(前回の600ドルに追加)

・失業給付上乗せは週400ドルに引き上げ(現在は週300ドル)、期間を9月まで延長。

米国市場は金融政策&財政政策により強力に支援されそうです。