インデックス投資で2億円

コア・サテライト戦略で守りながら攻める!

【運用結果】米国株ETF 2021年3月度(第5週)

 

■米国株ETF 2021年3月度(第5週)■

今週の米国株ETFの運用結果です。

米国株ETFポートフォリオと運用結果

ポートフォリオ

今週は金曜日の米国市場は休場でしたので4日間だけでした。

今週の米国株ETFポートフォリオは変わらずいつもの3銘柄での運用でした。

VOO:42%、VT:47%、QQQ:11%となりました。

f:id:MechanicalEngineer:20210403183222j:plain

運用結果

f:id:MechanicalEngineer:20210403183358j:plain

今週の追加購入はなしでした。

評価額は303,135ドル(前週比+3,863ドル)となりました。

増分前週比+1.29%でした。

ETFの騰落率は前週からVOOは+1.14%、VTは+1.11%、QQQは+2.71%でした。

ここ最近まで長期金利上昇でパフォーマンスの悪かったナスダック100連動のQQQが、直近では盛り返してきましたね。

ポートフォリオの評価のために入出金なしの場合の運用結果を確認してみます。

今週は入出金なしでしたので上記と同じく前週比+1.29%でした。

米国主要指数 vs ポートフォリオ

米国主要指数

●NYダウ    +0.24%(今週末33,153.21)

●S&P500              +1.14%(今週末4,019.87)

NASDAQ         +2.60%(今週末13,480.11)

今週はナスダックが最も上昇しました。

最近の不調を取り返すかのような上昇です。

今週のポートフォリオとの変動率の比較はこのようになりました。

(注:★キャプテン★は入金なしでの運用結果です)

f:id:MechanicalEngineer:20210403183828j:plain

保有ETFの2021年のパフォーマンス推移です。

昨年末からはVTが+6.5%、QQQが+3.5%、VOOが+7.1%となりました。

グラフで見るとQQQの怒涛の追い上げがよく分かりますね。

f:id:MechanicalEngineer:20210403183912j:plain
 

今週のふり返り

f:id:MechanicalEngineer:20200620061453j:plain

<米国市場&インデックス>

金曜日2日は米国市場は休場でしたが3月の雇用統計の発表がありました。

非農業部門雇用者数は前月比+91.6万人で市場予想の+64.7万人を大きく上回りました。失業率は6.0%でこちらは2月の6.2%から低下しました。

ワクチン接種の拡大により米国経済は回復基調が鮮明になってきました。

経済の回復はもちろん喜ばしいことですが、個人投資家としては株価がどうなるのかが一番の関心事になります。

前回の景気サイクルではバーナンキショックからいったんは株価は調整したものの、その後のテーパリングや段階的な利上げを乗り越え株価は堅調に推移しました。

今回は「パウエルショック」がトリガーになると思いますが、その後の株価の動きが前回と同じになるのかどうか?

Buy&Holdしながら注目したいと思います。