メカエンブログ

技術士第一次試験に独学・満点・一発合格、第二次試験(機械部門)にストレート合格した勉強法や本、過去問解説、キーワード集を大公開。

キーワード学習での専門用語のおすすめの調べ方 ~JIS検索で技術士第二次試験対策~

こんにちは。

機械系エンジニアのメカエン@技術士(機械部門)です。

キーワード学習での専門用語の定義のおすすめの調べ方 ~JIS検索で技術士第二次試験対策~

(作成:2020年2月15日 更新:ー)

技術士第二次試験対策の中心となるキーワード学習をするときに、用語の定義をどうやって調べてますか?

私の個人的なおすすめは、JIS検索の利用です。

無料で誰でも使える便利なサイトです。

メリットとデメリットや注意点を挙げたいと思います。

なお、JISは平成30年から名称が日本工業規格から日本産業規格に変更されています。

英語名称は、Japanese Industrial Standards で変更なしです。

 

メリット

  • 無料で使える
    もちろん無料です。
  • 内容が信頼できる
    当たり前ですがJISなので信頼できます^^
  • 体系的な知識が得られる場合も多い
    例えば、産業用ロボットの機構形態による分類は
    ①円筒座標ロボット
    ②直角座標ロボット
    ③多関節ロボット
    ④極座標ロボット
    であることがJIS検索で調べると分かりますが、意外にネットでこの分類は出てこなかったりします。

 デメリットや注意点

  • コピーができない
    著作権保護のため閲覧のみ可能になっています。

デメリットは正直これくらいかなと思いますが、いかがでしょうか?

個人的にはJIS検索はキーワード学習に効率的に活用できる素晴らしいサービスだと思いますので、利用をお勧めします。

JIS検索で出てこないキーワードは本やネットで調べましょう。