キャプテンの資産運用ブログ

投資×節約×キャリアアップで経済的自由を目指す

【2020.8.26】今日のTips「2020年上半期の米国株ETF人気ランキングベスト5」& 米国株ETF・個別株の保有銘柄情報

5f:id:MechanicalEngineer:20200812100841j:plain

1分で読める米国株ETF・個別株の保有銘柄の騰落状況&今日のTipsです。

Tipsでは本ブログテーマである投資・節約・キャリアアップの内容から私が経験、学習したもの等をシェアさせて頂き、読者の皆様とともに1mm成長したいと思います。

米国株ETFと個別株の保有銘柄

f:id:MechanicalEngineer:20200826054126j:plain

個別ではバイオンテックが冴えませんでしたが他は堅調な動きでした。

ワクチン株のバイオンテックとモデルナは臨床試験結果が出るまでは変わらず無視しておきたいと思います。

もしどちらも失敗なら売却となりますがその時はアップルでも検討します(ミーハーですね。。)^^

ETF保有全銘柄が上昇で市場全体が比較的堅調な状況であることが分かります。

個人的には全世界型のVTが堅調なのがうれしいですねー

 

今日のTips: 2020年上半期の米国株ETF人気ランキングベスト5

SBI証券が2020年上半期(1月~6月)の米国株ETF人気ランキングを発表しました。

(6月末時点で保有者が1000名以上いる銘柄の一人あたりの残高が多い銘柄順)

ベスト5の概要をまとめましたのでご覧ください。

第5位:QQQ

■名称:Invesco QQQ Trust(インベスコ・QQQトラスト)
■運用会社:Invesco社
■投資アプローチ:米国ナスダック100指数のパフォーマンスへの連動を目指します。
ベンチマークNASDAQ 100 Index
■経費率:0.20%
■配当スケジュール:四半期毎
ETF純資産総額:(ー)億米ドル
■設定日:1999年3月10日

(2020年3月31日現在の最新ファクトシートより)

第4位:VTI

■名称:Vanguard Total Stock Market ETF(バンガード・トータル・ストック・マーケットETF
■運用会社:Vanguard社
■投資アプローチ:米国のグロースおよびバリュースタイルに分散した大型株、中型株および小型株を対象とする。
ベンチマーク:CRSP US Total Market Index
■経費率:0.03%
■配当スケジュール:四半期毎
ETF純資産総額:1,162.35億米ドル
■設定日:2001年5月24日

(2020年3月31日現在の最新ファクトシートより)

第3位:VYM

■名称:Vanguard High Dividend Yield ETF(バンガード・米国高配当株式ETF
■運用会社:Vanguard社
■投資アプローチ:大型株の中でも予想配当利回りが市場平均を上回る銘柄を重点的に組入れます。
ベンチマーク:FTSEハイディビデンド・イールド・インデックス
■経費率:0.06%
■配当スケジュール:四半期毎
ETF純資産総額:235.62億米ドル
■設定日:2006年11月10日

(2020年3月31日現在の最新ファクトシートより)

第2位:VOO

■名称:Vanguard S&P500 ETF(バンガード・S&P500 ETF
■運用会社:Vanguard社
■投資アプローチ:米国S&P500指数のパフォーマンスへの連動を目指します。大型株を対象とします。
ベンチマーク:S&P500 Index
■経費率:0.03%
■配当スケジュール:四半期毎
ETF純資産総額:1,201,90億米ドル
■設定日:2010年9月7日

(2020年3月31日現在の最新Fact Sheetより)

第1位:SPYD

■名称:SPDR Portfolio S&P500 High Dividend ETF(SPDR ポートフォリオS&P500高配当株式ETF
■運用会社:State Street
■投資アプローチ:S&P500高配当指数のトータルリターンに概ね連動する投資成果を上げることを目標とする。同指数は、配当利回りに基づきS&P500指数の採用銘柄のうち配当支払い上位80銘柄のパフォーマンスを計測することを目標とする指数である。
ベンチマーク:S&P500 High Dividend index
■経費率:0.07%
■配当スケジュール:四半期毎
ETF純資産総額:19.54億米ドル(※2020年6月18日時点(ファクトシート外))
■設定日:2015年10月21日

(2020年3月31日現在の最新ファクトシートより)

 

予想と比べていかがだったでしょうか?

高配当ETFが1位と3位、インデックス型ETFが2位、4位、5位となりました。

高配当ETFインカムゲイン重視ですので今も昔もやはり人気がありますね。

インデックス型ETFは広く銘柄分散されていてこちらも近年の高パフォーマンスが魅力です。

 

以上