キャプテンの資産運用ブログ

投資×節約×キャリアアップで経済的自由を目指す資産運用ブログです。

リース大手4社の最新決算比較と分析【2020年3月期決算情報】

f:id:MechanicalEngineer:20200614160223j:plain
5月に各社発表されたリース大手4社(オリックス、東京センチュリー、三菱UFJリース芙蓉総合リース)の2020年3月期最新決算比較です。

※売上では2番手となる三井住友ファイナンス&リースは、三井住友ファイナンシャルグループ50%、住友商事50%の持分法適用関連会社となっておりますので割愛しております。

主要指標

売上高

売上高(百万円) 19年3月期 20年3月期
オリックス 2,434,864 2,280,329
東京センチュリー 1,067,612 1,166,599
三菱UFJリース 864,224 923,768
芙蓉総合リース 618,119 712,330

f:id:MechanicalEngineer:20200614163739j:plain

新型コロナショックの影響はまだそれほど顕著に出ていない時期だったため、オリックス以外の3社は増収確保。東京センチュリーは21年3月期予想で1,200,000百万円の増収予想を公表しました。

営業利益

営業利益(百万円) 19年3月期 20年3月期
オリックス 329,438 269,681
東京センチュリー 77,721 88,346
三菱UFJリース 80,371 91,853
芙蓉総合リース 35,746 41,423

f:id:MechanicalEngineer:20200614163805j:plain

東京センチュリーは21年3月期予想で70,000百万円の減益予想を公表しました。

純利益

純利益(百万円) 19年3月期 20年3月期
オリックス 323,745 302,700
東京センチュリー 52,271 56,303
三菱UFJリース 68,796 70,754
芙蓉総合リース 25,515 26,187

f:id:MechanicalEngineer:20200614163838j:plain

営業利益、純利益ともにオリックス以外の3社は増益確保。オリックスも▲6.5%に留まる。東京センチュリーは21年3月期予想で45,000百万円の減益予想を公表しました。

ROA(総資本事業利益率)

<一般的な見方>ROA(%)=事業利益/総資本×100で表され、企業の総合的な収益性を表す指標。高い方が望ましいとされます。事業利益=営業利益+受取利息・配当金からなります。

ROA(%) 19年3月期 20年3月期
オリックス 2.74 2.4
東京センチュリー 1.33 1.16
三菱UFJリース 1.21 1.17
芙蓉総合リース 1.76 1.9

f:id:MechanicalEngineer:20200614163909j:plain

オリックスが対前期比で減少となるも2.4%で首位となりました。各社がROAを対前期比で落とす中、芙蓉総合リースが1.9%へ上昇させ総合的な収益性の改善を見せました。

ROE(自己資本利益率)

<一般的な見方>ROE(%)=当期純利益/自己資本×100で表され、株主が自分で出資した資本でどれだけの利益を獲得したかを示す指標となります。

ROE(%) 19年3月期 20年3月期
オリックス 11.60 10.30
東京センチュリー 12.71 11.48
三菱UFJリース 9.42 9.24
芙蓉総合リース 10.06 9.74

f:id:MechanicalEngineer:20200614163935j:plain

 4社揃ってROEは対前期比で減少。オリックスが▲11%で最も落ち込みが大きく、三菱UFJリースが▲1.9%で最も落ち込みが小さくなりました。

配当関連指標

EPS(1株益)

<一般的な見方>EPS(円)=当期純利益/発行済株式総数で表され、1株当たりの当期純利益を表します。同一企業の推移において高い方が望ましい指標となります。

EPS/1株益(円) 19年3月期 20年3月期
オリックス 253 237
東京センチュリー 495 525
三菱UFJリース 77 79
芙蓉総合リース 850 872

f:id:MechanicalEngineer:20200614163952j:plain

オリックスのみ対前期比で▲6%の減少。他の3社は対前期比で上昇し、東京センチュリーが6%上昇で首位となりました。

DPS(1株配)

<一般的な見方>DPS(円)=配当金総額/発行済株式総数で表され、1株当たりの配当金を表します。当期純利益を配当支払いとするか内部留保とするかは各企業の配当政策によるので、一概にDPSが高い方が良いとは言えません。

DPS/1株配(円) 19年3月期 20年3月期
オリックス 76 76
東京センチュリー 124 136
三菱UFJリース 23.5 25
芙蓉総合リース 188 205

f:id:MechanicalEngineer:20200614164010j:plain

21年3月期予想に関しては、オリックスは中間配当を35.00円予想、通期は未定としました。東京センチュリーは通期同額の136円予想、芙蓉総合リースは通期220円の増配予想となりました。三菱UFJリースは未定となりました。

配当性向

<一般的な見方>配当性向(%)=配当金総額/当期純利益×100で表され、配当の支払いがどれほどの余力をもってなされているかを表します。当期純利益は各企業の配当政策により配当支払いと内部留保に配分されます。配当性向が高いことは株主還元にとっては好ましいとされますが、その分内部留保の配分は減少することになります。

配当性向(%) 19年3月期 20年3月期
オリックス 30 32
東京センチュリー 25.1 25.9
三菱UFJリース 30.4 31.5
芙蓉総合リース 22.3 23.5

f:id:MechanicalEngineer:20200614164028j:plain

4社とも配当性向は対前期比で上昇しました。オリックス以外の3社は対前期比で純利益が減少しているため、純利益の上昇率以上に配当金総額を上昇させたことが分かります。なお、オリックスは2021年3月期限りの通期の配当性向50%を発表しました。

その他の分析指標

総資本回転率

<一般的な見方>総資本回転率(回)=売上高/総資本×100で表され、総資本をどの程度効率的に使って売上高を獲得しているかを表します。数字が大きいほど効率的と言えます。

総資本回転率(回) 19年3月期 20年3月期
オリックス 0.200 0.175
東京センチュリー 0.261 0.208
三菱UFJリース 0.149 0.147
芙蓉総合リース 0.238 0.259

f:id:MechanicalEngineer:20200614164050j:plain

売上上位3社が回転率を落とす中、芙蓉総合リースが対前期比で8.6%上昇させ首位となりました。逆に東京センチュリーは▲20%ダウンとなりました。

自己資本比率

<一般的な見方>自己資本比率(%)=自己資本/総資本×100で表され、総資本に占める自己資本の割合という企業の資金調達の構造の安全性を表します。自己資本は返済義務がないため原則的には高いほど望ましく、自己資本比率も高い方が望ましいとされます。(ただし、財務レバレッジ効果(負債を利用した節税効果)を考慮した場合には収益性の面で必ずしも自己資本比率は高い方が望ましいとは言えない時もあります。)

自己資本比率(%) 19年3月期 20年3月期
オリックス 24.3 23.5
東京センチュリー 10.4 9.9
三菱UFJリース 13.0 12.4
芙蓉総合リース 10.1 10.0

f:id:MechanicalEngineer:20200614164108j:plain

 各社とも自己資本比率は低下しました。オリックスは他3社より自己資本比率が2倍程度ある状況は前期から変化なしとなりました。

負債比率

<一般的な見方>負債比率(%)=負債/自己資本×100で表され、他人資本である負債と自己資本のバランスという安全性を評価する指標となります。一般的には企業は他人資本である負債に大きく依存しないことが望ましく、負債比率は低い方が安全性は高いと判断されます。

負債比率(%) 19年3月期 20年3月期
オリックス 312 326
東京センチュリー 835 892
三菱UFJリース 665 706
芙蓉総合リース 878 885

f:id:MechanicalEngineer:20200614164136j:plain

負債比率は各社とも上昇しましたが、依然としてオリックスの負債比率が低い状況です。(リース業界は他業界と比較して負債比率が圧倒的に大きいので業界内での比較が望ましいです。)

まとめ

リース大手4社の2020年3月期決算比較いかがだったでしょうか?新型コロナウィルスの影響を大きく受けると予想されるリース業界は今後の四半期決算にも注目です。今回の記事が皆様の投資の参考になれば幸いです。

以上