機械系エンジニアの技術士ストレート合格勉強法

技術士第一次試験に満点合格、第二次試験(機械部門)にストレート合格した勉強法や過去問解説、キーワード集を大公開。

技術士_総監キーワード集2019(経済性管理_2.6財務会計)

こんにちは。

機械系エンジニアのメカエン@技術士(機械部門)です。
今回も皆様のお役に立つ情報を共有したいと思います^^

 

今回のテーマはこちらです。

総合技術監理キーワード集2019
経済性管理_2.6財務会計

総合技術監理キーワード集2019の解説をしていきたいと思います。すべてではありませんが勉強したところを随時載せていきたいと思います。過去問で出題された内容を含めるなど、できるだけ試験対策につながる解説をモットーにしています。
それではよろしくお願いします!

今回の目次はこちらです↓

財務諸表

  • 通常、貸借対照表(B/S)と損益計算書

貸借対照表(B/S)

f:id:MechanicalEngineer:20190725052601p:plain

  • Balance Sheet
  • 債務超過とは、資本がマイナス、すなわち、負債が資産より大きい状態。

損益計算書(P/L)

  • Profit and Loss statement

①売上高
②売上原価
売上純利益=①ー②
④販売管理費
営業利益 =③-④
⑥営業外収益
⑦営業外費用
経常利益 =⑤+⑥-⑦
⑨特別利益
⑩特別損失
税引前当期純利益=⑧+⑨-⑩
⑫法人税、住民税及び事業税
当期純利益=⑪-⑫

  • 収益、費用、利益に分類される。
    収益:①⑥⑨
    費用:②④⑦⑩⑫
    利益:③⑤⑧⑪⑬

Tips : 過去問でも出てきていますね。会計の基本ですが要チェックです。

キャッシュフロー計算書(C/F)

  • キャッシュ・イン
    商品の販売代金の回収、増資、新規借り入れ、預金利息の受取り、など。
  • キャッシュ・アウト
    商品の仕入代金の支払い、固定資産の購入代金の支払い、借入の返済、利息の支払い、など。
  • 3つの活動区分 営業活動/投資活動/財務活動
    ①営業活動によるキャッシュフロー
    本業によってキャッシュがどれくらい増えたか、減ったか。
    人件費、売り上げ、原材料の仕入れ、販売費等。
    1)直接法:キャッシュフローを総額でとらえる。詳細に流れを把握できるが、膨大な手間がかかる。
    2)間接法:キャッシュのうごきに関する部分だけを計算。P/Lをベースに作成可能。
    ②投資活動によるキャッシュフロー
    固定資産、株、債権(社債以外)などの取得や売却。
    ③財務活動によるキャッシュフロー
    借りたお金や返したお金。株主への配当金支払い、借入金の返済、借入金、社債での資金調達。

Tips : 社債以外の債券は投資活動によるキャッシュフロー、社債は財務活動によるキャッシュフローです。

企業会計原則

  1. 真実性の原則
    財務会計においては、人為的判断を完全に排除することはできないが、財務会計の理念として、真実性が要請される。
  2. 正規の簿記の原則
    組織活動を秩序正しく、細大漏らさず、確実な帳簿記録に基づいて財務諸表を作成することを要請している。
  3. 資本取引損益取引区分の原則
    投下した資本を回収した剰余金としての利益と、資本そのものとは異なるものであり、この両者を区分することが要求される。
  4. 明瞭性の原則
    財務諸表により 結果報告するだけでなく、その導出において採用した処理の原則、手続、方法をも公開すべきとの要請である。
  5. 継続性の原則
    一度採用した処理の原則、手続、方法を継続的に適用すべきとする要請である。 財務諸表の期間比較の容易性、恣意的な利益操作の排除が目的である。
  6. 保守主義の原則
    「予想の利益は計上せず、予想の損失は計上すべき」という伝統的な会計上の思想。ただし、恣意的な利益の過小計上を推奨しているものではない。
  7. 単一性の原則
    財務諸表の形式には多様性を認めつつも、その実質的内容についての単一性を要請している。
  8. 重要性の原則
    重要な処理・表示は厳密な報告を必要とし、重要でない処理・表示は簡便な方法による報告が容認されるという原則。

 Tips : 「真正資明継保単重(しんせいしめいけいほたんじゅう)」で覚えましょう!もちろん意味はありません(頭文字並べただけです)^^ 

 

それでは今回も最後までありがとうございました^^

よろしければ読者登録をお願い致します^^