機械系エンジニアの技術士ストレート合格勉強法

技術士第一次試験に満点合格、第二次試験(機械部門)にストレート合格した勉強法や過去問解説、キーワード集を大公開。

技術士_総監キーワード集2019(情報管理 5.2 リスクマネジメント)

こんにちは。

機械系エンジニアのメカエン@技術士(機械部門)です。
今回も皆様のお役に立つ情報を共有したいと思います^^

総合技術監理キーワード集2019
情報管理 5.2 リスクマネジメント

総合技術監理キーワード集2019の解説をしていきたいと思います。

最終更新日:2019年10月22日

今回の目次はこちらです↓

リスクアセスメント

ステップ1:リスク解析

  1. シナリオ分析
  2. リスク算定
  3. 弱点分析
  4. 対策効果算定(必要時)

ステップ2:リスク評価

 対応方針の決定をする。

なお、JIS Q 31000(リスクマネジメント)では、リスクアセスメントはリスク特定、リスク分析、及びリスク評価のプロセス全体を指す。

リスクマトリクス

f:id:MechanicalEngineer:20191019104051p:plain

領域A:リスク低減

  • 顕在化した場合の被害規模も大きく、発生確率も大きいリスク
  • 最優先事項として被害影響の低減対策を実施する領域

領域B:リスク移転 or リスク保有

  • 発生確率は小さいが、顕在化した場合の被害規模が大きい領域
  • 発生確率がある値以下では、リスク保有またはリスク移転する領域
  • 組織として、対策の優先順位がCの領域よりも高い場合が多い

領域C:被害規模が一定以下ではリスク保有

  • 発生確率が大きいが、被害規模が小さい領域
  • 日常経験することが多い領域
  • 被害規模が一定の値より小さい場合はリスク保有する領域

領域D:リスク保有

  • 組織としてそのリスクを許容しても良い領域

リスクコミュニケーション

  • 「情報共有」と「対話・協働」の二つの活動がある。
  • マスコミは注意喚起型、対人的なものは合意型。

リスク認知

正常性バイアス

  • 個人レベルでの異常性がある範囲内であれば、一般的に普通と考えられる見方をしてしまおうとする傾向のこと。
  • リスク情報の異常性を減じて日常性の中に埋め込もうとするもの

楽観主義的バイアス

  • 破壊に至るような見方よりも日常からの軽い逸脱の一つとして楽観的に解釈しようとする傾向のこと。
  • 心理的ストレスを軽減しようとする働きである。

カタストロフィー・バイアス

  • 極めてまれにしか起きない被害規模の巨大なリスク(巨大地震など)に対してリスクの過大視が起こる傾向のこと。

ベテラン・バイアス

  • 過去のリスク対処により得られたリスク耐性が災いし、新たなリスクに対する判断を誤らせる可能性のこと。

バージン・バイアス

  • 経験したことのないリスクに対して、リスクを過大に、もしくは過小に評価し、正確なリスク認知を得られない可能性のこと。

ALARPの原則

  • As low as reasonably practicable.
  • リスクは合理的に実行可能な限りできるだけ低くしなければならない。

 

それでは今回も最後までありがとうございました^^

よろしければ読者登録をお願い致します^^