機械系エンジニアの技術士ストレート合格勉強法

技術士第一次試験に満点合格、第二次試験(機械部門)にストレート合格した勉強法や過去問解説、キーワード集を大公開。

技術士 総監キーワード集2019(情報管理 5.4 事故・災害の未然防止対応活動・技術)

こんにちは。

機械系エンジニアのメカエン@技術士(機械部門)です。

総合技術監理キーワード集2019
情報管理 5.4 事故・災害の未然防止対応活動・技術

総合技術監理キーワード集2019の解説をしていきたいと思います。

最終更新日:2019年10月25日

今回の目次はこちらです↓

定期点検活動

  • チェック項目については、状況に応じて変更を加えていく。
  • 活動の内容は主に2つ
    ①業務が想定通りに行われていることを確認する
    ②事故・災害・トラブルに発展する可能性のある非定常な行為や事象を発見し改善する

ハインリッヒの法則

  • 労働災害における経験則の一つ。
  • 1つの重大事故の背後には29の軽微な事故があり、その背景には300の異常が存在する。

フェールセーフ

  • 故障時の災害防止

フォールトアボイダンス

  • 故障を少なくする。

フォールトトレランス

  • 故障の影響を抑える。全体機能維持。

フェールソフト

  • 故障の影響を抑える。一部機能維持。

フールプルーフ

  • 人間のミスの影響を抑える。

LOPA

  • Layer of protection analysis 、防護層解析
  • プロセス危険分析ツール。
  • HAZOP分析において分析したデータから始め、初期要因および潜在危険を回避する又は緩和する防護層を文書化することにより、それぞれの特定潜在危険を明らかにする。続いて、総合的なリスク軽減量を決定し、更なるリスク軽減の必要性を分析する。

ツールボックスミーティング(TBM)

  • 職長を中心のその日の作業内容や段取り、問題点などを短時間で話し合ったり、指示伝達を行うもの。その際、工具箱に座って行うことがあることから、この名前。

4M分析(Man, Machine, Media, Management)

事故や災害の原因分析や対策検討の要因をする際のジャンル。

  1. Man・・・人的、不安全行動
  2. Machine・・・設備・物的、不安全状態
  3. Media・・・作業方法、環境
  4. Management・・・管理

4E対策(Engineering, Education, Enforcement, Example)

  1. Engineering・・・技術・工学(機器の改善、多重化など)
  2. Education・・・教育・訓練(知識、意識、管理、など)
  3. Enforcement・・・強化・徹底(規定化、手順の設定、注意喚起、キャンペーンなど)
  4. Example・・・模範・事例(模範を示す、事例紹介など)

 

それでは今回も最後までありがとうございました^^

よろしければ読者登録をお願い致します^^